落ち着いた空間で最高の時間をお過ごし下さいませ。

中野にあるBar Vivreではアンティークの椅子でゆったりとした雰囲気で落ち着いた時間を過ごしていただく事ができます。

落ち着いた空間で最高の時間をお過ごし下さいませ。

中野にあるBar Vivreではアンティークの椅子でゆったりとした雰囲気で落ち着いた時間を過ごしていただく事ができます。

落ち着いた空間で最高の時間をお過ごし下さいませ。

中野にあるBar Vivreではアンティークの椅子でゆったりとした雰囲気で落ち着いた時間を過ごしていただく事ができます。

ABOUT

1900年代のアンティーク家具に囲まれた、落ち着いた雰囲気のBARです。
スタンダードカクテル、季節のフレッシュフルーツカクテルを丁寧にお作り致します。ステアで作る、チャンドラーのギムレット、女性に人気のジャックローズが特におススメです。

秩父のイチローズモルト、余市、宮城峡、山崎、白秋、富士山麓、駒ケ岳、津貫、ガイアフロー静岡等、貴重な日本のウィスキーを取り揃えております。
またソムリエの資格も持っておりますので、グラスワインも分かりやすく美味しいものを。
特におすすめしているがスペインのお酒「シェリー」
シェリーは様々な美味しさを知って頂きたく、一般的なフィノから極甘口のペドロヒメネスまで、貴重なパロコルタドを含めた全部門を常時、安心の中野価格でご用意致しております。

CONCEPT

ショップカードの下にもあるように、店名の由来はフランス語の「art de vivre アール ド ヴィーヴル」という言葉になります。
直訳すると「art =芸術」、「Vivre=生き方、暮らし」という意味で合わせて、「暮らしの芸術。」
フランス人は正しいとか間違っているではなく、私にとっての好きを選んで、暮らすことに意義がある。という意味でこの art devivreが使われているようです。その言葉は私の神髄にフィットしました。
私は若かりし頃、背伸びの気持ちもありましたが、Barに行くことが好きでした。知らないお酒を初めて飲むときはワクワクし、カクテルを作ってもらう所作に見惚れていました。何より、Barに漂う落ち着いた緊張感が心地良く、そこでゆっくりと過ごす事でリラックス出来ました。
Bar Vivreでは、「バーテンダーとしてのVivre=生き方」、ずっと温めてきた、好きなBarの空間を作りたいと思っております。
それは、「あらゆるしがらみから解放され、ホッと出来るBar」
Barに寄って、家に帰る前、職場や同僚、友人、恋人、家族、の前での顔を、ネクタイを緩めるように脱ぎ捨てて、フラットになれる場所。
オーセンティックというカテゴライズではなく、大人がゆったりと美味しく、ゆるやかに過ごせるBarをコンセプトにお店作りをしていき
たいと考えております。
その為にBar Vivreでは1930年代のアンティークチェアーを集めました。
ブビンガの一枚板、カウンターの両端には同じくアンティークのキャンドルスタンドがあり、暗がりの中、灯る予定です。
バックバーにはメインの物として、より古い、1900〜10年代のミラーバックサイドボードを選びました。
左右には1930年代のドームブックシェルフとグラスキャビネット。
永年の夢であった、アンティーク家具に囲まれたBarを作る事が出来ました。
私にとってのart de Vivre、皆様どうぞごゆるりと、お寛ぎ下さいませ。

TAKE OUT -テイクアウト- 始めました!

当店の逸品をお持ち帰りできます。

MENU

whisky 1,000Yen~

ACCESS

TOP